アンケート調査
○このアンケートは、自動車の購入条件について調査するものです。
○卒業研究の研究材料として、調査結果を使用させていただきます。
○アンケートに答えて下さった方には、調査結果を公開致します。
○回答は、お一人様、一回とさせて頂きます。

☆より良い結果が得られるよう、どうか御協力お願い致します。


[1]あなたは、クルマを購入したいと考えていますか?


[2]あなたは、クルマを購入する時、どの国内自動車メーカーを選びますか?
または、どのメーカーが好きですか?




[3]あなたがクルマを選ぶ条件を、下記の項目から各々必要な項目だけ選択して下さい。



*言葉の解説には、 用語集を参考にして下さい。
○価格帯:
○ボディータイプ:
○デザイン:
○駆動方式:
○トランスミッション:
○乗車定員:
○総排気量(cc):
○燃費(km/L):
○環境仕様:

[4][3]の項目の中で、最も重要な条件はどれですか?
*下記の中から、最も重要と思う項目を1つ選んで下さい。


[5]今後、あなたが購入しようと考えているクルマ、
または気に入っているクルマがありましたら、下記にお書き下さい。





★お名前、ご住所などをお書き下さい★
●調査結果が欲しい方はメールアドレスを記入して下さい!
集計次第、追って報告致します!
性別 男性 女性
年齢 歳 (半角英数で入力して下さい)
職業
E-mail





アンケート調査は、これで終りです!


御協力ありがとうございました



回答を送信される方は、下の「送信」ボタンをクリックして下さい。






既に登録した方は、下のユーザー登録終了後、アンケート状況を確認できます



User認証


=ご意見/ご感想は、s99055kk@nuis.ac.jp/ または、掲示板にどうぞ=



一つ前のページに戻る ☆ホームページに戻る☆





























Unique☆Visitors アンケート調査データベース構築に関する研究 論文名
アンケート調査データベース構築に関する研究


氏名
上村 一夫

学籍番号

12099055

所属研究室

高木研究室

所属学科

情報システム学科

論文の抄録

アンケート調査システムに関する現状について、インターネットを使い「アンケート」、「データベース」をキーワードに検索した。その結果、現在、Web上で行われているアンケート調査システムには、アンケートに回答し回答内容を登録させる形式と、アンケートに回答し登録しさらに集計結果を表示させる形式が大半を占めていた。そこで、アンケート集計結果が即座にわかるデータベースがあれば便利だと考え、項目別にアンケートの集計結果がリアルタイムでわかる調査システムを用いたデータベースの構築を試みた。
アンケート調査の対象者を、学内と学外からの回答者とした。学外からの回答者を獲得するために、Web上で公開されている掲示板、または、各検索エンジンのサイト登録サービスを活用し、データ収集の幅を広げた。その結果、業種別で学生のみならず、会社員・公務員、自営業・自由業など最初に想定した6種類すべての業種からのデータの収集に成功した。
データベース環境には、標準的なSQL言語が使え、膨大なデータの検索にも耐えられ、開発者により常に改良され、サポート情報も多く、安心して利用することができるフリーのPostgreSQLを使用した。
アンケート回答情報の流出を防ぎ、システムの信頼性を向上させるため、USER認証システムを作成し、アンケート集計結果を閲覧したい場合には、ユーザー登録し、ユーザー認証を行わなければ閲覧できないシステムとした。アンケート集計結果は、アンケート回答状況とアンケート集計結果から構成した。アンケート回答状況画面は、性別回答状況、業種別回答状況、メーカー別回答状況から構成され、「iframe」コマンドで集計結果を同一画面に表示させられるようにした。以上の結果、多角的な視点からアンケート調査が可能なデータベースを構築することができたと考えられる。

フリーキーワード

アンケート;データベース;自動車;集計;回答状況;SQL

対象学問領域

技術・工学(情報システム含む)

原文の形式

Windows word

登録日時

2003年1月27日(月) 21時14分53秒