新潟県内の公園データベース


このデータベースでは検索が効率よく行われるように、個人個人の調べたい情報が一番分かれると思われる「公園の名前で検索」「公園の名前と地域で絞り込み検索」「公園の名前と公園の種類で絞り込み検索」という三つを項目別にページを分けました。ここでは公園名だけで検索が行われます。
このデータベースを使用した感想を聞かせてください

●公園名検索

下の欄に検索したい検索したい公園名を入力して下さい。




※何も入力せずに検索した場合は全件表示されます。


●地域と公園名検索

●公園の種類と公園名検索



from 20 Feb. 2003

このデータベースは新潟国際情報大学の卒業論文で小坂亮さんが作成したものです

論文名

新潟県内の公園データベースの構築
氏名
小坂亮

学籍番号

12099070

所属研究室

高木研究室

所属学科

情報システム学科

論文の抄録

近年多数のアミューズメントパークが誕生してきて自然と触れ合う機会が少なくなってきている。自然の公園の必要性や素晴らしさを自分で認知するとともに他の人にも認知してもらいたいと思ったのが新潟県内の公園データベースを構築しようと思った動機である。
新潟県内の公園データベースを構築するために、新潟県内の公園について新潟県庁都市整備課で聞き取り調査をし、新潟県内の公園の数、公園による法律「都市公園法」、公園の種類の概要を知った。またWEB上の新潟県内の公園データベースを調査した結果、WEB上には新潟県内の公園が全件記載されているようなデータベースはなく、大型公園を扱っているデータベースが多かった。
データベースを使う対象者として、公園の名前からその公園の詳しいことを知りたい人、その地域からどういった公園があるか知りたい人、その種類からどういった公園があるか知りたい人を想定した。そして、それぞれの対象者の要望に対応できるように「公園名」で検索するフォームと「地域と公園名」で検索するフォームと「公園の種類と公園名」で検索する三つの種類のフォームを作成し、調べたい公園の詳細を詳しく知りたい人が即座に検索することができるようにした。
データベース環境としてturbolinux server 6.5、PostgreSQL6.5.1を使用し、WebサーバとPostgreSQLとのインターフェースとしてPHP3.0.7を使用し、データベースを作成した。データベース名はkosakaDB、テーブル名はkouen、データベースの検索対象は都市公園法に基づいて設置されている新潟県内の公園全1628箇所とした。列名は整理番号、名前、面積、地域、地区、種類、主な使用目的、特徴、イメージ、備考とした。
 作成したデータベースを実際に知人数人に評価してもらったところ、検索画面が見やすくて良い、利用価値はある、という意見をもらった。イメージデータが少し足りないという意見もあったが、使用した人は全て公園名検索、地域検索、種類検索に成功したので結果的に最初に想定したデータベースを構築することができたと考えられる。

フリーキーワード

データベース;公園;新潟県;SQL

対象学問領域

技術・工学(情報システム含む)

原文の形式

Windows word

登録日時

2003年1月24日(金) 14時53分7秒