新潟県企業情報データベース





条件別検索


企業名検索





戻る













書き込み可能な新潟県企業情報データベースの構築 論文名
書き込み可能な新潟県企業情報データベースの構築


氏名
山田忠司

学籍番号

12000202

所属研究室

高木研究室

所属学科

情報システム学科

論文の抄録

いま日本では長い不況が続き有効求人倍率が低くなっている。新潟県内の有効求人倍率は平成16年5月分で0.58となっており前年同月に比べて0.08ポイント上回っていた。しかし、厚生労働省の厚生労働統計一覧によると、平成16年2月1日の時点で平成15年度大学卒業予定者の就職内定率は82.1%で前年同期を1.4ポイント下回ると発表された。新潟県の企業の情報を集め、そこの企業の面接に参加した学生からどのような質問をされたか等の情報を書き込みができるデータベースがあれば就職活動に役立つと考えた。
システム環境は高木研究室のirs4サーバを使用し、フリーのデータベース言語であるPostgreSQLを使用した。新潟県の企業のテーブルを作成し、列名を業種名、事業所名、市町村名、所在地、電話番号、代表者名、資本金(千円)、従業員数、URLの9項目とした。新潟県主要事業所名簿から得た7595社の事実に関する企業データをテーブルに挿入した。また、新潟県外の企業にも対応できるように書き込みが可能なテーブルを作成し、列名を新潟県の企業のテーブルと同様の9項目とした。
データベースは条件別検索、企業名検索の2種類から検索方式を選択できるようにした。条件別検索では企業名がわからないときに調べたい企業の業種名、市町村名、資本金額を入力し条件が一致すれば企業名が表示され調べたい企業を選択すると詳細情報が閲覧できるようにした。企業名検索ではあらかじめ企業名がわかるときに使用し、キーワードが企業名の一部と一致すれば結果が表示される。表示された企業の中から調べたい企業を選択すると詳細情報が閲覧できる。また、企業名検索で該当する企業がなかった場合、企業情報の書き込み欄が表示され新しい企業の情報を登録することができる。
 就職活動の実例を書き込むテーブルを作成した。企業の詳細情報画面の下に書き込み欄を作成したことで、面接の内容、企業の印象などの情報を得られるシステムを構築した。この機能により他の学生が有効な情報を得ることができる。
以上の結果、就職希望の学生が企業の詳細情報、学生からの直接の情報を得ることができる、就職活動に有効なデータベースを構築することができたと考えられた。

フリーキーワード

データベース;新潟;企業

対象学問領域

技術・工学(情報システム含む)

原文の形式

Windows word

登録日時

2004年8月9日(月) 14時15分36秒